MENU

FANTECH HELIOS II PRO レビュー:軽量55gのZOWIE S2クローンマウス

本稿では、Fantechより発売されているゲーミングマウス「Fantech Helios II Pro」をレビューします。

製品提供:MechKeys

目次

製品スペック

製品名Fantech Helios II Pro
カラーブラック / グレー
形状左右対称
接続方式2.4GHz / Bluetooth / 有線
サイズ120×64×38.3mm
重量55g(実測値54.6g)
ボタン数6ボタン
センサーPixArt PAW3395
DPI400-26,000 DPI
LOD1 / 2mm
ポーリングレート最大4000Hz

製品リンク(MechKeys):Fantech Helios II Pro

開封|同梱品

同梱品

  • マウス本体
  • USBアダプター
  • Type-C – USB ケーブル & USB ワイヤレス レシーバー
  • 滑り止めグリップテープ
  • PTFE マウスソール & PTFE ドットソール
  • ゴールドコイン
  • ステッカー
  • マニュアル・保証書類

概要|デザイン

「Helios II Pro」は、インドネシア発のゲーミングギアブランド「Fantech」から発売されているゲーミングマウス。有線マウスながらいまだに根強い人気を博している「BenQ ZOWIE S2」とほぼ同一形状のクローンマウスとなっています。特徴としては、無線対応ながら55gと比較的軽量であることに加え、最近のトレンドであるポーリングレート4000Hzに対応。外観も独特なカラーリング・デザインが目を引く製品です。

形状は左右対称型でZOWIE S2とほとんど同形状。サイズ感としてはG PROより5mmほど全長が短く横幅は同程度、高さはG PROより2mmほど低くなっており、やや背の低い形状になっています。S2-Cが有線で69gなのに対し、Helios II Proは55gと無線対応ながら約14g軽量化されており、比較的軽量な部類に入るマウスです。

トップ部分は背が低く、丸みが少ない平らな形状。かぶせ持ちの際には指が直線的になります。

側面は逆ハの字型に窪みが形成されており、後部に近づくにつれて大きく膨らんでいるのが特徴です。持ち方によっては親指と薬指・小指の付け根への密着感を感じやすく、安定した操作性をもたらす一方で、指先を使った細かな操作はしづらいような印象を受けます。

ビルドクオリティに関しては良好で、特にシェルの軋み・たわみなどは感じられません。マウスを強く振った際にはかすかにホイールがガタつく音が聞こえますが、使用中に気になるレベルのものではありません。

ボタン|スイッチ

メインボタン
メインボタンには光学式スイッチのTTC Gold Opticalを搭載。明瞭なクリック感とやや強めの反発力があり、押し心地はやや硬め。クリック音も大きめで、高音よりのカチカチとしたフィーリングです。強めのフィードバックがあるので、連打がしやすく感じます。プリトラベルはわずかに長めで、ポストトラベルは短めといった印象です。

サイボボタン
サイドボタンもメインボタン同様に明瞭なクリック感があります。ボタン自体も高さがあるので、非常に押しやすいです。差し色になっているイエローが印象的です。

ホイール
ホイールの回し心地は軽すぎず重すぎずといったところ。ノッチ感は十分にあります。ホイールのラバーグリップには細かな溝が設けられており、グリップ力も適度にあります。ホイール周りは特に不満はなく、好印象です。

ソール|センサー

マウスソール
マウスソールは上下2箇所の広面積ソール、センサー周辺にはO型ソールが標準装備されています。ソール自体の厚さはやや薄めですが、使用上は問題ありません。標準ソールとしては滑りもかなり速く、エッジの処理も適切にされています。付属品には交換用のソール1セットに加え、点ソールが8個付属しているのも嬉しいポイントです。

センサー
センサーには最新センサーのPixart PAW3395を搭載。センサー位置、重心ともに中央に設計されています。

ソフトウェア

Helios II Proの専用ソフトウェアでは、キーバインド設定やDPI、ポーリングレート、LODの変更などができます。4Kドングルを使用する際には、本ソフトウェアを立ち上げた後、上部最右の設定タブ(歯車アイコン)から「Pairing Tool」でペアリングを行う必要がある点に注意です。

画像:EloShapes

総評

  • 形状・デザイン:ZOWIE S2クローンで比較的癖の少ない形状。サイドボタンと底面シェルのイエローが際立つツートンカラーでデザイン性も良好
  • ビルドクオリティ:軋みやたわみは見られず、ビルドクオリティは良好
  • サイズ・重量:サイズ感は大きすぎず小さすぎない中間型、重量は55gと比較的軽量
  • メインボタン:やや強めの反発力があり、明瞭なクリック感。クリック音は高音よりのカチカチとしたフィーリング
  • サイドボタン:サイドボタンは程よい出っ張りで使用感は良好。クリック感も適度な硬さで扱いやすい
  • ホイール:軽すぎず重すぎない適度な回し心地。クリック感も適度な硬さ、全体的に癖がなく扱いやす印象
  • ソール:標準ソールは滑りがよく、エッジ処理にも問題なし。替えの標準ソールと点ソールが付属
  • 機能性:別売りの4Kドングル使用でポーリングレート4000Hzに対応。光学式スイッチのTTC Gold Optical、最新センサーのPixart PAW3395を搭載
  • 価格:日本円で13,000円前後

Helios II Proは、人気の高いZOWIE S2の形状を継承し、2.4GHz、Bluetoothの無線対応、4Kポーリングレート、TTC Gold光学式スイッチ、Pixart PAW3395、重量55gといった最近のトレンドを抑えたゲーミングマウスです。

販売価格は日本円で13,000円前後と性能を考えれば安価で、付属品も非常に豊富。ビルドクオリティも問題なく、S2クローン形状が気に入るのであれば有力な候補に入ってくる製品であると思います。

以上、「Fantech Helios II Pro」のレビューでした。

製品リンク(MechKeys):Fantech Helios II Pro

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次